ランナーを進化させるスマートフットウェア

ORPHE TRACK(オルフェ トラック)

ORPHE TRACK
ORPHE TRACK

ケガなくランニングを継続する。
フルマラソンを完走する。
サブ3を達成する。

スマートフットウェア ORPHE TRACK は、
あなたのランニングフォームを分析して
目標の達成をサポートします。

ORPHE TRACK(オルフェ トラック)

あなた自身よりも詳しく、あなたのランについて知るフットウェア

ORPHE TRACK, SHOES, CORE & TRACK APP

ORPHE TRACK オルフェトラック は、ランニングフォームを分析し、より良い走りの実現をサポートする「スマートフットウェア」。

ペースや時間・距離はもちろん、これまでは大がかりな設備なしでは計測できなかった「着地法」や「プロネーション」、「左右バランス」といった重要なランニング指標までをも、簡単に分析します。


ORPHE TRACKで計測できる主なランニング指標

着地法
着地を毎歩計測して、着地法をフォアフット/ミッドフット/ヒールストライクで分類。
プロネーション
ゲイトサイクル(歩行周期)を解析し、着地時の足の傾きを計測。
接地時間
左右の足の接地時間を計測。走りの左右バランスの分析に。
ストライド
6軸モーションセンサーが足の移動距離をリアルタイムに計測。
ピッチ
一歩に要した時間からピッチを精密に算出。ランニングを通しての変化を確認して、フォームの乱れを確認。
着地衝撃力
加速度の変化から蹴り出し時のエネルギーを算出。
ORPHE TRACK 使用イメージ

使い方

必要なのはシューズとセンサー、スマホだけ。
大がかりな計測設備は必要ありません。

これまでにない情報を取得するまったく新しいシステムでありながら、使用法はいたってシンプル。

ORPHE CORE

Step 1

センサーをセット

専用センサー“ORPHE CORE”を専用シューズにセット。片足約30gのコンパクトなセンサーモジュールは装着感を感じさせません。

ORPHE TRACKでラン

Step 2

ランを記録

いつものように走るだけで、ORPHE COREがランニングフォームを精細に解析します。

ORPHE TRACK APP

Step 3

分析結果を確認

COREが解析したデータはアプリで簡単に確認可能。ふだんどおりのランも、まったく新しい見え方に。

テクノロジー

ほんとうの意味で「ハイテク」なシューズ

着地法やプロネーションといったランニングにおける重要な指標は、
これまでは大がかりなシステムなしでは精確に知ることができませんでした。

モーションキャプチャシステムやフォースプレートに匹敵する解析力を
靴の中に入ってしまう小さなセンサーモジュールとスマホアプリだけで実現します。

ORPHE CORE

靴に内蔵するセンサーモジュール

ORPHE CORE

最新鋭のコンピューターと加速度/ジャイロのリアルタイム6軸モーションセンサーを搭載。モジュールの中だけでゲイトサイクルを解析して、ランニングフォームを精細に分析します。

ORPHE TRACK APP

記録したデータをかんたんに確認

Run App

COREで記録したデータを同期して、これまでわからなかったデータを簡単に確認。安定性や左右バランスの評価も行い、目標達成のためのデータを提供します。

ORPHE TRACK 使用イメージ

ユーザーの声

スマートフットウェア Orphe

ユーザーストーリー

ORPHE TRACKで着地法が変化。
ケガを減らし、自己ベストを更新することができた。

30代男性・ランニング上級者(サブ3)

2017年からフルマラソンに本格的に取り組み始めましたが、3ヶ月ほどで左膝の外側が痛くなりはじめました。診断したところ腸脛靭帯炎とのこと。
しばらく休むという選択肢もありましたが、なんとしてもフルマラソンで自己ベストを更新したいとの思いから、定期的に治療院に通うことにしました。治療にかかる費用や怪我を気にしながら走ることはストレスでした。

ORPHE TRACK との出会いは体験会での試用。 自分の走り方を手軽に確認できる ORPHE TRACK は、自分にとって画期的でした。ランニングフォームをチェックしたところ、腸脛靭帯に負担がかかりやすい「かかと着地」だったことがわかりました。

効率が良く怪我をしづらい「ミッドフット着地」に変えることを目標に設定し、 ORPHE TRACK を積極的に活用して普段のジョギングでランニングフォームを都度チェック。 「疲れてきた時にかかと着地に戻りやすい」などの自分の走りの癖もデータからわかり、練習の後半でも着地を意識して走るように心がけました。

ランニングフォームを確認しながら2週間ほどトレーニングをし、着地法を「かかと着地」から「ミッドフット着地」に変えることができました。 それまで悩まされていた膝の痛みがまったく出なくなり、強度の高い練習もこなせるようになりました。

結果、1年後の2019年11月に出場したフルマラソンでは10分も自己ベストを縮め、2時間34分8秒で走ることができました。 今も定期的に ORPHE TRACK でフォームチェックをしながら、より効率の良い走りを追求しています。

ORPHE TRACK 使用イメージ
ORPHE TRACK 使用イメージ

ストーリー

Designed by
no new folk studio

私たちは新しいウェアラブルデバイス、スマートフットウェア®ORPHEシリーズを開発するスタートアップです。

スマートフットウェア構想

スマートフットウェア 初期のプロトタイプ
初期のプロトタイプ

新しいウェアラブルデバイス「スマートフットウェア」の開発は、no new folk studioの創業者菊川裕也が2014年に開発したプロトタイプから始まります。

大学院で電子楽器のインターフェイスの研究に取り組んでいた菊川は、バルセロナ留学中に参加したハッカソンで市販の靴にセンサーを装着して演奏する新しい電子楽器のプロトタイプを開発します。

プロトタイプのアイデアを日本に持ち帰った菊川はno new folk studioの原型となるチームを作り、開発を進めます。

自らもプレーヤーとして音楽活動を行っていた菊川は、着用者の繊細な動きも余すことなく捉えてリアルタイムにフィードバックするデバイスの開発にこだわりました。

ON/OFFだけではない、繊細な変化を計測することこそが演奏において必要な要素だったのです。

フィードバックを可視化するためにソールに取り付けられたLEDはビジュアルを特徴づける要素となります。


表現者のためのスマートフットウェアOrphe

スマートフットウェア Orphe
スマートフットウェア Orphe(2016年発売)

試作を繰り返し、クラウドファンディングプロジェクトでの資金調達を経て、着用者の動きを光と音に変換する表現のためのスマートフットウェア「Orphe」が2016年に発売されます。

発売前にTVCMで使用されたり大手メディアでも数多く取り上げられるなど大きな注目を集めたOrpheは、その高い表現力から多くのアーティストやパフォーマーらの支持を得ました。

水曜日のカンパネラ、AKB48、ケント・モリをはじめとする表現者らにステージで使用されたほか、グッドデザイン賞受賞、文化庁メディア芸術祭入選もしています。

ANREALAGEやmastermind JAPAN、山本寛斎といったファッションブランドとのコラボレーションモデルも開発、文化庁メディア芸術祭入選やグッドデザイン賞受賞で一定の評価を得たOrpheは生産分を完売します。

特徴的な全面発光のソールが注目されがちですが、その真価はハイスペックなセンシング能力を搭載した世界初のスマートフットウェアだったのです。

BBOY 2GOO rep. FOUND NATION
スマートフットウェア Orphe feat. BBOY 2GOO

ランニングのためのスマートフットウェア開発

Orpheをリリースし、アーティストの演出支援なども手がけていたno new folk studioは為末大氏と出会います。為末氏に影響を受けてランニングを始めた菊川は、ランニングの世界の奥深さを知ることになります。

シューズの進化の歴史はランニングと共に歩んできたと言っても過言ではありません。日本製のランニングシューズが競技を席巻した60年代から今に至るまで、ランニングを始めとする競技用シューズには最先端の技術が投入され、進歩をリードしてきました。

多くの靴工場で及第点以上の性能のシューズが製造できるようになった現在、シューズ自体の性能の差別化は難しくなってきています。シューズの性能向上とは別のアプローチで「より良く走ること」を達成できないかと菊川が考えたとき、目を向けたのはランナー自身のランニングフォームの改善でした。

Orpheは加速度・角速度・地磁気の9軸センサーを搭載し、無線で通信してリアルタイムに足の動きを解析することができます。このセンシング機能をベースにランナー向けのモデルの開発を進めていくこととなりました。

ORPHE TRACK 開発中のスケッチ

これまではランナーの感覚でしかわからなかったランニングフォームを手軽に精確に計測して確認することができる。このコンセプトをもとにランナーにとってのベストな体験を目指して開発することになります。

ORPHE TRACKの開発にはソフトウェアの開発で広く普及しているアジャイルの手法を採用しています。ハードウェアの開発においても短期サイクルでの試作と検証を繰り返して開発することで、ユーザーにとっての最適解を探ることを目指しています。

デザインコンセプトは東京の夜を走るランナー。テクノロジーのエッセンスを感じさせつつも、普段の生活でも違和感なく着用できるバランスを目指しています。

アウトソールのトレッドパターンにはno new folk studioのオフィス所在地、渋谷の地図を彫刻しています。

新着情報を受け取る

ORPHE TRACK 使用イメージ

無料でトライアルする

ランニングステーションで体験いただけます。

購入前にスマートフットウェア ORPHE TRACK ランニングフォーム分析を体験。
皇居ランや新豊洲のランニングでトライアルしてください。

ORPHE TRACK をトライアルできる施設

ランニングステーションJOGLIS

営業時間
平日 7:00-22:30 土 7:00-19:00 日祝 7:00-18:00
JOGLIS webサイトにアクセス

Brilliaランニングスタジアム

営業時間
9:00-21:00 毎月20日は休館日
Brillia webサイトにアクセス

施設利用料は別途かかります。詳細は各施設のスタッフへお声がけください。

ORPHE TRACKをいますぐ購入

ORPHE TRACK スターターキットNew

スマートフットウェア Orphe

専用シューズ+専用センサー

¥32,780(税込)

サイズラインナップ(cm)

  • 24.0
  • 25.0
  • 26.0
  • 27.0
  • 28.0

1回まで無償でサイズ交換可能

ストアにアクセス

FAQ

シューズとセンサーを合わせた重さは約350g、一般的なトレーニング用ランニングシューズと同程度の重さです。

ORPHE TRACKは中〜長距離走での使用に最適化されています。3〜20km程度での使用がおすすめです。

現在はシューズだけでの販売は行っておりませんが、来春頃を目処にシューズのみでの販売も予定しています。

問い合わせる

ORPHE TRACK 使用イメージ

最新情報を受け取る

ニュースレターを購読して新着情報を受け取ってください。

ORPHE TRACK 使用イメージ