ランニングを記録する

ORPHE TRACKでランニングを記録し、これまでわからなかったようなランニングにおいて重要な指標を分析します。

ORPHE TRACK Run アプリを使用しながらランニングを記録すると、ルートが記録できます。
ORPHE CORE単体で自動でランニングを記録した場合は、ルートが記録されません。

スマートフォンを持ってランニングを記録する

アプリでランニングを記録すると位置情報が記録できます。ルートと合わせての記録の確認ができます。

  1. アプリとORPHE COREをペアリングします。
  2. SHOESにORPHE COREをインサートします。
  3. アプリで記録をスタートし、ふだんどおりにランニングします。
  4. アプリで記録を終了します。
  5. しばらく待つとORPHE COREに記録されたデータがアプリに同期され、確認できるようになります。

スマートフォンを持たずにランニングを記録する

ORPHE TRACKで走ると自動でランニングの記録が開始されます。自動記録のオン/オフはアプリの設定メニューから変更できます。

スマホアプリと接続していないときは位置情報が記録されないため、ルートは確認できません。

ORPHE TRACKの初回使用時は、ORPHE COREを時刻同期するためアプリでの記録開始が必要です。
2回目以降の記録はアプリを使用せずにORPHE COREだけで記録開始できます。

  1. ORPHE COREをシューズにインサートします。
  2. シューズを着用して走り始めると、ORPHE COREがランニングの開始を検出し、ORPHE COREが自動で記録を開始します。
    記録が開始されると、ORPHE COREが振動して通知します。
  3. 動きを検出しない状態が5分間続くと、ORPHE COREが自動で記録を停止します。
    記録が停止すると、ORPHE COREが振動して通知します。
  4. ORPHE COREとアプリを接続すると、データが同期されます。

ORPHE COREでランニングを記録中にORPHE COREとアプリを接続しても記録を続行できます。

記録の終了後にアプリとORPHE COREを接続すると、ORPHE COREに記録されたランニングのデータがアプリに同期され、確認できるようになります。